栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房

那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店のTOPページへ戻るお問い合わせ小冊子プレゼント 那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店の電話番号
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の トップページへ戻る
木の城工房マスコミ掲載

設立したばかりの木の城工房に、なぜか、ビジネスブログを見た各メディアの敏腕記者さんが取材に来てくれます。

記者さんたちに「なぜ、当社に取材を?」と聞くと・・・「木の城工房さんのビジネスブログには『木の家に関する情報量』が他社を圧倒しているので・・・」と言われ、うれしいです!!

しおや湧水の里ウォーク
しおや湧水の里ウォークHP
二重通気工法を行っているところは在来木造住宅を手がけている会社がほとんどだ。私も二重通気工法を採用しているが同じようでも考え方に違いがある。外側(外壁裏側)通気層は、自然換気とし外壁下部から軒天・屋根を経由し棟換気から熱気・湿気を排出させる。内部側(断熱材内側と内壁の間)通気層は、ソーラーサーキットのようにダンパーを電動・手動で開閉するもの、WB工法などの形状記憶合金で温度によって換気口を開閉するもののほか四季工房さん司コーポレーションさんno
エアムーブなど様々な工法がある。ダンパーを閉にしたときの気密性を求める会社、気密住宅を否定し換気口を閉めた状態でも気密性が低いことを良しとするWB工法と考え方が違う。また、INXのエアブレス工法ecoハウス研究会のように24時間換気を利用し・壁体内に空気を循環させ、建物内の温度を均一化、また、壁体内構造体を乾燥状態に保つという考え方もある。
私は、過去にWB工法を経験しているが、気密制の無い住まいは冬の温度が保てないし内部結露の不安が解消できないと判断した。エアブレス工法も経験しており独自の二重通気工法を経験しているが、まだ屋根面の断熱不足、充填工法のため熱橋部の温度上昇、夏場の地熱が利用できない点などが不満であった。
現在加盟しているecoハウス研究会のエコシステムという地熱利用の住まいは、換気設備がやや高めであるが外張り断熱、自然エネルギー利用の高性能住宅で二重通気も標準としている。現在私は、外張り断熱+充填断熱のダブル断熱を奨めているがやや価格が高くなってしまう。しかし、それに見合う快適性と省エネ効果を合わせ持つ住まいができることになる。
地熱利用の高性能住宅こちらから




一覧ページへ戻る
小冊子プレゼント お問い合わせ
那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店 の 家づくりコラム
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の 北欧住宅視察記(世界の田舎暮らし)
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.1 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.2
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.3 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.4

木の城工房の施工エリア

宇都宮市

 足利市 栃木市 佐野市 鹿沼市 

日光市

 鬼怒川エリア 今市市 真岡市 大田原市 矢板市 

那須塩原市

 

さくら市

 河内郡 
上三川町 南河内町 上河内町 上都賀郡 西方町 芳賀郡 茂木町 市貝町 芳賀町 下都賀郡 壬生町 石橋町 岩舟町 都賀町 塩谷郡 
藤原町 塩谷町 高根沢町 那須郡 小川町 那須町 那珂川町 那須烏山市
提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所