栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房

那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店のTOPページへ戻るお問い合わせ小冊子プレゼント 那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店の電話番号
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の トップページへ戻る
木の城工房マスコミ掲載

設立したばかりの木の城工房に、なぜか、ビジネスブログを見た各メディアの敏腕記者さんが取材に来てくれます。

記者さんたちに「なぜ、当社に取材を?」と聞くと・・・「木の城工房さんのビジネスブログには『木の家に関する情報量』が他社を圧倒しているので・・・」と言われ、うれしいです!!

しおや湧水の里ウォーク
しおや湧水の里ウォークHP
外張り断熱・二重通気工法(夏開放型)を過去につくっていた経験がある私だが、
最近は夏も開放しない外張り断熱・二重通気を採用している。

今年の8月は梅雨明け以降の猛暑にはうんざりした方も多いと思う。
気温が35度を超える猛暑が続き夜間〜早朝も気温が30℃以上のところも多かった。
二重通気工法は夏は基本的に壁内部を開放し床下から壁、小屋裏へ
そして外部へと通気をさせて建物を冷やすという理論。

しかし、35℃〜40℃にもなる日に床下を開放し続ければ
床下表面温度は徐々に上昇し冷やす効果は無くなっていく。
地表近くの空気は気温よりさらに温度が高く、
日のあたるコンクリート上の空気は40℃を超えている。
そんな熱い空気を床下、壁へと引き込み続けて建物を涼しく出来るのだろうか?
室内で冷房しても壁のボード裏の空気が冷え下降し床下から外へ出て行く、
天井裏の暑い空気が下降するという本来と逆の流れが起こることのも当然予想される。

夏開放し続ける二重通気は、断熱性の低い建物と比較すれば有効といえるが
高断熱住宅の場合は理論的におかしいと思うのだが。

小冊子プレゼント お問い合わせ
那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店 の 家づくりコラム
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の 北欧住宅視察記(世界の田舎暮らし)
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.1 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.2
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.3 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.4

木の城工房の施工エリア

宇都宮市

 足利市 栃木市 佐野市 鹿沼市 

日光市

 鬼怒川エリア 今市市 真岡市 大田原市 矢板市 

那須塩原市

 

さくら市

 河内郡 
上三川町 南河内町 上河内町 上都賀郡 西方町 芳賀郡 茂木町 市貝町 芳賀町 下都賀郡 壬生町 石橋町 岩舟町 都賀町 塩谷郡 
藤原町 塩谷町 高根沢町 那須郡 小川町 那須町 那珂川町 那須烏山市
提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所