栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房

那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店のTOPページへ戻るお問い合わせ小冊子プレゼント 那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店の電話番号
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の トップページへ戻る
木の城工房マスコミ掲載

設立したばかりの木の城工房に、なぜか、ビジネスブログを見た各メディアの敏腕記者さんが取材に来てくれます。

記者さんたちに「なぜ、当社に取材を?」と聞くと・・・「木の城工房さんのビジネスブログには『木の家に関する情報量』が他社を圧倒しているので・・・」と言われ、うれしいです!!

しおや湧水の里ウォーク
しおや湧水の里ウォークHP
南向きの家を建てるな 結露
南向きの家は建てるなという人たちがいます。

南向きの家を建てると冬、北側の壁に日差しが当たらず冷えて結露・カビの原因になる。
南東向きに建てれば家の四方に日差しが当たるため外壁が温まり、
結露・カビを防げるというもの。

南向きの家を建てるな カビ

でも外壁北側の結露・カビはもともと室内側の防湿工事の不良と断熱不足が原因のはず。
東側や西側だって結露・カビの発生している家は多い。

冬至のころ私の住む塩谷町の日の出の方位は120°。
南東向きに建てると135°まで僅かだが陽が当たる計算。(地平線まで何もない場合)
でも実際には隣地に家が建っている立地の方が多い訳で、
1Fの北東側外壁にはほとんど陽が当たらない。

西側もほぼ同様。

私も立地条件によっては南東や南西向きに家を建てることはあるが、
南向きに建てた方が太陽とうまく付き合えるので、
なるべく南道路の敷き地をお奨めしている。
そして南向きの家を建てるのでした。

※立地・敷き地形状によっても変わりますのでご注意ください。

栃木県で、南向きの家を建てる理由を詳しく知りたい方はご相談ください。
事務所でゆっくりお話しさせていただきます。

小冊子プレゼント お問い合わせ
那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店 の 家づくりコラム
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の 北欧住宅視察記(世界の田舎暮らし)
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.1 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.2
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.3 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.4

木の城工房の施工エリア

宇都宮市

 足利市 栃木市 佐野市 鹿沼市 

日光市

 鬼怒川エリア 今市市 真岡市 大田原市 矢板市 

那須塩原市

 

さくら市

 河内郡 
上三川町 南河内町 上河内町 上都賀郡 西方町 芳賀郡 茂木町 市貝町 芳賀町 下都賀郡 壬生町 石橋町 岩舟町 都賀町 塩谷郡 
藤原町 塩谷町 高根沢町 那須郡 小川町 那須町 那珂川町 那須烏山市
提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所