栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房

那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店のTOPページへ戻るお問い合わせ小冊子プレゼント 那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店の電話番号
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の トップページへ戻る
木の城工房マスコミ掲載

設立したばかりの木の城工房に、なぜか、ビジネスブログを見た各メディアの敏腕記者さんが取材に来てくれます。

記者さんたちに「なぜ、当社に取材を?」と聞くと・・・「木の城工房さんのビジネスブログには『木の家に関する情報量』が他社を圧倒しているので・・・」と言われ、うれしいです!!

しおや湧水の里ウォーク
しおや湧水の里ウォークHP
寝室・寝床温度

栃木で健康的に暮らす住宅冬の寝室の室温は何度ぐらいでしょうか?
以下、参照ください。

温かい居間で過ごした後に寒い寝室に入ると、交感神経が刺激されて目が覚めてしまい
寝つきが悪くなります。

実験によると、布団や毛布を使うことによって、なんと室温が3度まではよく眠れます。

ただし、室温が低いと、呼吸によって肺が冷やされて体温が下がりすぎ
睡眠の質が悪くなります。

そのため気持ちよく眠れる室温は、16〜19度の範囲といわれています。

室温よりも睡眠に関係するのが、寝床の中の温度。
人が布団に入ると寝床の温度は急上昇し、そのあと安定します。

気持ちよく眠っているときには、ほぼ32〜34℃。
寝床の中が暑くなると、寝返りをうって寝床の中の空気を入れ替えて、温度を下げています。

寝床の中と部屋の温度に大きな差があると、目覚めて布団を出たときに血圧が急上昇し
脳卒中や心筋梗塞の危険が高くなります。

高齢者はもともと血圧が高く動脈硬化が進んでいる人が多いので、
夜中や明け方に起きてトイレへ行くときは、十分に気をつけてください。

以上、冬の理想的な寝室の作り方から転用

我が家では、冬の夜間リビング(深夜電力利用)のエアコンで20℃ぐらいを確保。
寝室はドアを開け放して17℃〜18℃程度。
※リビングで加湿器も使用、湿度40%ぐらいを保っています。

栃木県の健康的に暮らす住宅健康住宅
木の城工房にご相談くださいです。


TEL 0287-45-0227
メールはこちらから

栃木県、宇都宮市・日光市・高根沢町・那珂川町・那須烏山市・塩谷町
さくら市・矢板市・大田原市・那須町・那須塩原市で健康住宅をお考えの方
ご相談お待ちしています。


小冊子プレゼント お問い合わせ
那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店 の 家づくりコラム
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の 北欧住宅視察記(世界の田舎暮らし)
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.1 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.2
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.3 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.4

木の城工房の施工エリア

宇都宮市

 足利市 栃木市 佐野市 鹿沼市 

日光市

 鬼怒川エリア 今市市 真岡市 大田原市 矢板市 

那須塩原市

 

さくら市

 河内郡 
上三川町 南河内町 上河内町 上都賀郡 西方町 芳賀郡 茂木町 市貝町 芳賀町 下都賀郡 壬生町 石橋町 岩舟町 都賀町 塩谷郡 
藤原町 塩谷町 高根沢町 那須郡 小川町 那須町 那珂川町 那須烏山市
提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所