栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房

那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店のTOPページへ戻るお問い合わせ小冊子プレゼント 那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店の電話番号
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の トップページへ戻る
木の城工房マスコミ掲載

設立したばかりの木の城工房に、なぜか、ビジネスブログを見た各メディアの敏腕記者さんが取材に来てくれます。

記者さんたちに「なぜ、当社に取材を?」と聞くと・・・「木の城工房さんのビジネスブログには『木の家に関する情報量』が他社を圧倒しているので・・・」と言われ、うれしいです!!

しおや湧水の里ウォーク
しおや湧水の里ウォークHP
現在、外張り断熱・二重通気工法の地熱利用住宅を中心に手がけるようになったが、ここにたどり着くまでにいろいろな二重通気工法を勉強し、造ってもきました。
温度によって換気口を開放する工法(ソーラーサーキット、エアパス、エアムーブ、WBなど)の場合は、夏どんなに外気温が高くても換気口を開放し続けることに納得がいかない。最近の猛暑では35℃なんて珍しくも無く、市街地ではコンクリート、アスファルトからの輻射熱などで実際はもっと熱い。
だから、熱い空気を家の中に取り込むなんておかしいと思いません?

こんな、疑問を持ちながらINAXのエアブレスという工法に取り組んだ。(神奈川県の大周建設さんが開発した工法。大周建設さんの展示場なども体感しました。)
エアブレスの特徴は、エアホストという24時間換気システムで温水(ボイラー使用)から熱交換した空気を内部通気層に循環させ室内を温めるという工法。温度によって換気口を開閉しない。
エアブレス工法は、基礎断熱を基礎外側だけでなく内部土間・内部基礎立ち上がりもかなりの費用をかけて断熱をする。地盤に熱を奪われないようにという考え方だが、このため基礎コンクリートに蓄熱効果を持たすことが出来ない。断熱材上部の熱さ10?程度の保護コンクリートだけに蓄熱することになる。
そして、土間断熱をしてしまう為に地熱を利用できないという逆効果になっている。断熱は、壁・屋根共に充填断熱、イソシアヌレートホーム(変わっていなければ)を壁に50?・屋根に70ミリを使用する。
以前代表をしていたハセガワホーム時代にエアブレスの展示場を建設(西那須野町・現那須塩原市三島)。毎日、外気温・室温・壁面温度・屋根断熱材裏側温度などの測定を続けていた。
感じたことは、夏の暑い日には、屋根断熱材裏の温度が32℃にもなってしまい断熱不足であること。(次世代省エネ基準型式認定取得)
エアホストで熱い小屋裏の空気を床下から室内へと強制循環させる為室内温度も当然上がってしまうことなどが不満であった。エアブレス工法導入当時は高性能住宅だと満足していたが実際に調査してみていろんなことがわかり、その欠点を解消すべく、屋根断熱強化、開口部性能UP他、取り組んで現在に至っている。INAXのエアブレス工法との出会いから私の家づくりに対する考え方が変わり始めたのです。

栃木県で二重通気工法・外張り断熱・地熱利用住宅の夏涼しい住まいこちらから
小冊子プレゼント お問い合わせ
那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店 の 家づくりコラム
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の 北欧住宅視察記(世界の田舎暮らし)
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.1 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.2
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.3 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.4

木の城工房の施工エリア

宇都宮市

 足利市 栃木市 佐野市 鹿沼市 

日光市

 鬼怒川エリア 今市市 真岡市 大田原市 矢板市 

那須塩原市

 

さくら市

 河内郡 
上三川町 南河内町 上河内町 上都賀郡 西方町 芳賀郡 茂木町 市貝町 芳賀町 下都賀郡 壬生町 石橋町 岩舟町 都賀町 塩谷郡 
藤原町 塩谷町 高根沢町 那須郡 小川町 那須町 那珂川町 那須烏山市
提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所