栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房

那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店のTOPページへ戻るお問い合わせ小冊子プレゼント 那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店の電話番号
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の トップページへ戻る
木の城工房マスコミ掲載

設立したばかりの木の城工房に、なぜか、ビジネスブログを見た各メディアの敏腕記者さんが取材に来てくれます。

記者さんたちに「なぜ、当社に取材を?」と聞くと・・・「木の城工房さんのビジネスブログには『木の家に関する情報量』が他社を圧倒しているので・・・」と言われ、うれしいです!!

しおや湧水の里ウォーク
しおや湧水の里ウォークHP
夏涼しい家・冷房無しでも涼しい家夏涼しく、冬暖かい家」ってどこの住宅メーカー、工務店でも使う言葉のようだ。私は、「夏涼しい住まい」は非常に少ないと思う。夏涼しい家とはどのぐらいの家を言うのか規定がないので勝手に使える。健康住宅・安心住宅・耐震住宅も同様で何でもありって感じ。「夏涼しい住まい」という表現は私も使用するが冷房しなくても何とか過ごすことが出来る家、室温で言えば28℃程度を保つことができる家。ってところだろうか。しかし、現実にはなかなか実現できないのです。高断熱だけでは住まいの室温・体感温度を快適な温度に維持することは出来ない。高気密高断熱は外気温+10℃を維持できるというのが一般的らしいが、夏の外気温30℃を軽く超えてしまう状況では室温は何度になってしまうのか。暑くなる原因は当然太陽の熱、日射熱が室内に入ってしまうこと、そして人体、家電、調理などによる生活熱が発生すること。対策は、当然日射取得を極力少なくする(日射遮蔽・高断熱)こと、生活熱の発生を少なくすること。そして、自然界の冷熱をうまく利用すること。朝晩の温度の低いときだけの大量換気、地熱の利用などが考えられる。夏涼しい家づくりは高気密高断熱だけでは出来ないといっても過言ではないと最近考えている。

夏涼しい住まい造りこちらから
小冊子プレゼント お問い合わせ
那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店 の 家づくりコラム
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の 北欧住宅視察記(世界の田舎暮らし)
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.1 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.2
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.3 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.4

木の城工房の施工エリア

宇都宮市

 足利市 栃木市 佐野市 鹿沼市 

日光市

 鬼怒川エリア 今市市 真岡市 大田原市 矢板市 

那須塩原市

 

さくら市

 河内郡 
上三川町 南河内町 上河内町 上都賀郡 西方町 芳賀郡 茂木町 市貝町 芳賀町 下都賀郡 壬生町 石橋町 岩舟町 都賀町 塩谷郡 
藤原町 塩谷町 高根沢町 那須郡 小川町 那須町 那珂川町 那須烏山市
提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所