栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房

那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店のTOPページへ戻るお問い合わせ小冊子プレゼント 那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店の電話番号
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の トップページへ戻る
木の城工房マスコミ掲載

設立したばかりの木の城工房に、なぜか、ビジネスブログを見た各メディアの敏腕記者さんが取材に来てくれます。

記者さんたちに「なぜ、当社に取材を?」と聞くと・・・「木の城工房さんのビジネスブログには『木の家に関する情報量』が他社を圧倒しているので・・・」と言われ、うれしいです!!

しおや湧水の里ウォーク
しおや湧水の里ウォークHP
栃木県県議会「とちぎ元気な森づくり県民税」可決

下野新聞によると来年度からの導入を目指して提出された「とちぎ元気な森づくり県民税」の制定案が可決された。
同条例案は、木材価格の低迷や林業関係者の高齢化などによって荒廃した森林の再生や森林を次世代に引き継いでいくための必要な財源を確保する為に新たな県民税を導入するという内容。県民税均等割額に個人が700円、法人が7%を上乗せする方法で来年度から10年間とする。
森林保護には賛成だが、使い方がよく見えていないので不安。戦後植林した山が荒廃しているのはよく知っているが、伐採や搬出時につくる山腹の道路が環境をより悪化させている。現在かなりの急斜面や奥山にも植林されているが、コストをかけて林道を整備し搬出しても採算の取れない場所は自然林に返す費用などに当てて欲しいと私は思う。
gwんざいは、外材の価格の高騰で国産材の価格も上昇し需要もふえている。業者に直接補助金を出すよりも県産材使用者(現在のように外材でも県内製材所が製品を作ればいいというのは論外)に特典を与えた方が県産材の使用が増え結果林業家も潤うという仕組みを考えて欲しい。

とちぎの山を守る為県産材を使用し環境を守る為、地球温暖化防止ににも役立つ木の家を奨めるべきと思う
環境にやさしい栃木の木で家づくりをする工務店はこちらから
小冊子プレゼント お問い合わせ
那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店 の 家づくりコラム
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の 北欧住宅視察記(世界の田舎暮らし)
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.1 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.2
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.3 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.4

木の城工房の施工エリア

宇都宮市

 足利市 栃木市 佐野市 鹿沼市 

日光市

 鬼怒川エリア 今市市 真岡市 大田原市 矢板市 

那須塩原市

 

さくら市

 河内郡 
上三川町 南河内町 上河内町 上都賀郡 西方町 芳賀郡 茂木町 市貝町 芳賀町 下都賀郡 壬生町 石橋町 岩舟町 都賀町 塩谷郡 
藤原町 塩谷町 高根沢町 那須郡 小川町 那須町 那珂川町 那須烏山市
提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所