栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房

那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店のTOPページへ戻るお問い合わせ小冊子プレゼント 那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店の電話番号
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の トップページへ戻る
木の城工房マスコミ掲載

設立したばかりの木の城工房に、なぜか、ビジネスブログを見た各メディアの敏腕記者さんが取材に来てくれます。

記者さんたちに「なぜ、当社に取材を?」と聞くと・・・「木の城工房さんのビジネスブログには『木の家に関する情報量』が他社を圧倒しているので・・・」と言われ、うれしいです!!

しおや湧水の里ウォーク
しおや湧水の里ウォークHP
遮熱シート・外張り断熱
遮熱シート張り・効果実験中

輻射熱を90%以上反射する遮熱・断熱シートに興味を持ち
いろいろ調べて遮熱シート1枚の施工では、断熱効果はたいして期待できない
(新省エネ基準ぐらい?)と思い、充填断熱と併用した我が家。

梅雨入り前の陽射しの強かった先日ちょっと不安がよぎった。
2階天井面の温度が29度まで上がった(外気温30度)のである。
(後日、点検口部の断熱材が電気配線時に開けたままになっていることが判明)

外壁に遮熱シート(リフレクティクス同等品のRホイル)を外張り、
ネオマフォーム50ミリを充填断熱として使用。
屋根断熱は、ネオマフォーム66ミリを垂木間に充填、
静止空気層を設け遮熱断熱シートを母屋・断熱材下部に施工。

遮熱シートの遮熱効果があるのは理解しているが
すぐ上部に屋根があっては熱を反射したところで、
空気層無い温度が70度にも上昇し結果熱を伝えてしまう。
熱伝導抵抗ははたいしてな商品。

静止空気層が断熱効果を高めるという説明(福島県の合宿で野説明)に
まったく納得しなかったがとりあえず我が家は棟換気を設けず静止空気層の状態をつくった。
そして、換気扇(シャッター付き)で吸排気を出来るよう設計しました。
昼時に天井温度が高いので断熱材と屋根の間の通気層の強制換気を
(小型太陽光発電パネル使用)開始したところ
3時ごろに測定したところ天井面温度が27度に低下していました。

夏の暑さ対策は、屋根表面での遮熱、屋根・天井での断熱が
しっかりしていないとだめだということを改めて思い知らされた、と感じた日でした。
ちなみに、我が家の実験なので遮熱・断熱シートをお客様の家には提案していない。

快適・夏涼しい住まい造りこちらから
小冊子プレゼント お問い合わせ
那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店 の 家づくりコラム
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の 北欧住宅視察記(世界の田舎暮らし)
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.1 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.2
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.3 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.4

木の城工房の施工エリア

宇都宮市

 足利市 栃木市 佐野市 鹿沼市 

日光市

 鬼怒川エリア 今市市 真岡市 大田原市 矢板市 

那須塩原市

 

さくら市

 河内郡 
上三川町 南河内町 上河内町 上都賀郡 西方町 芳賀郡 茂木町 市貝町 芳賀町 下都賀郡 壬生町 石橋町 岩舟町 都賀町 塩谷郡 
藤原町 塩谷町 高根沢町 那須郡 小川町 那須町 那珂川町 那須烏山市
提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所