栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房

那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店のTOPページへ戻るお問い合わせ小冊子プレゼント 那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店の電話番号
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の トップページへ戻る
木の城工房マスコミ掲載

設立したばかりの木の城工房に、なぜか、ビジネスブログを見た各メディアの敏腕記者さんが取材に来てくれます。

記者さんたちに「なぜ、当社に取材を?」と聞くと・・・「木の城工房さんのビジネスブログには『木の家に関する情報量』が他社を圧倒しているので・・・」と言われ、うれしいです!!

しおや湧水の里ウォーク
しおや湧水の里ウォークHP
自然換気

現在の住宅には機械換気をすることが義務づけられています。
昔は機械換気などしなくても隙間の多い(多すぎる)住宅でしたので、改めて換気を考えなくても自然換気で十分でした。
冬暖かく暮らすためには、隙間を少なくして暖房の効果を高める必要があります。
アルミサッシュの普及など暖かい住宅づくりのため以前と比べて隙間の少ない家づくりなり、新建材の多用でシックハウス症候群、化学物質過敏症など住まいが原因で健康を害する症状が多く報告され、機械換気が義務付けされました。
その換気量は、室内の空気を1時間当たり0.5回、換気するということです。
下記の表は、隙間相当面積と内外温度差による換気回数を示しています。
部屋の内外温度差10℃、隙間5cm/mのときの換気回数は0.17回と0.5回を大きく下回り換気量が不足します。

気密性能と内外温度差による換気回数
※画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。

表には温度差0℃の場合は載っていませんが、ほとんど換気さやれないことが想像できます。
夏場の雨、梅雨時など、内外温度差がほとんど無く、窓を閉め切って生活すると換気不足になってしまいます。
換気不足ですぐに健康被害が出るということでは無いようですが、綺麗な空気の中で生活することが健康に一番大切なことと思います。

計画的に室内の換気を行う


小冊子プレゼント お問い合わせ
那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店 の 家づくりコラム
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の 北欧住宅視察記(世界の田舎暮らし)
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.1 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.2
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.3 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.4

木の城工房の施工エリア

宇都宮市

 足利市 栃木市 佐野市 鹿沼市 

日光市

 鬼怒川エリア 今市市 真岡市 大田原市 矢板市 

那須塩原市

 

さくら市

 河内郡 
上三川町 南河内町 上河内町 上都賀郡 西方町 芳賀郡 茂木町 市貝町 芳賀町 下都賀郡 壬生町 石橋町 岩舟町 都賀町 塩谷郡 
藤原町 塩谷町 高根沢町 那須郡 小川町 那須町 那珂川町 那須烏山市
提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所