栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房

那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店のTOPページへ戻るお問い合わせ小冊子プレゼント 那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店の電話番号
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の トップページへ戻る
木の城工房マスコミ掲載

設立したばかりの木の城工房に、なぜか、ビジネスブログを見た各メディアの敏腕記者さんが取材に来てくれます。

記者さんたちに「なぜ、当社に取材を?」と聞くと・・・「木の城工房さんのビジネスブログには『木の家に関する情報量』が他社を圧倒しているので・・・」と言われ、うれしいです!!

しおや湧水の里ウォーク
しおや湧水の里ウォークHP
快適な住まいの基本・断熱 気密 換気
高気密高断熱の目安は「次世代省エネルギー基準」をクリアーすること、とされている。
快適で省エネルギーな高気密・高断熱住宅は、断熱・気密・換気の3つが重要といわれています。これらの指標となるのが住宅の省エネルギー基準です。通称「次世代省エネルギー基準」と呼ばれる基準を満たすことが高気密・高断熱住宅の目安とされています。特に断熱性能を現す「熱損失係数Q値」と気密性能を現す相当隙間面積C値」は住宅の基本。いずれの数値も小さいほど性能が高く、快適で省エネルギーな住宅となります。

上記は東京電力さんの快適な住まいを求めての写しですが、これに加えて夏季日射取得係数μ値(ミュウー値)の検討をしないと夏暑い住まいができてしまいます。また、各地域の次世代省エネ基準をクリアーしている住まいでも24時間暖房にした場合の光熱費は結構な費用になります。私は、?地域に住む場合は、?地域(出来れば?地域)の次世代省エネ基準の住まいを推奨しています。(オール電化・住まい上手との組み合わせで年間光熱費を10万円程度にすることも可能です。)
高性能な住まい+電化ジョーズ+躯体蓄熱(地熱利用)で快適・省コスト住宅をつくる工務店はこちらから




一覧ページへ戻る

小冊子プレゼント お問い合わせ
那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店 の 家づくりコラム
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の 北欧住宅視察記(世界の田舎暮らし)
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.1 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.2
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.3 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.4

木の城工房の施工エリア

宇都宮市

 足利市 栃木市 佐野市 鹿沼市 

日光市

 鬼怒川エリア 今市市 真岡市 大田原市 矢板市 

那須塩原市

 

さくら市

 河内郡 
上三川町 南河内町 上河内町 上都賀郡 西方町 芳賀郡 茂木町 市貝町 芳賀町 下都賀郡 壬生町 石橋町 岩舟町 都賀町 塩谷郡 
藤原町 塩谷町 高根沢町 那須郡 小川町 那須町 那珂川町 那須烏山市
提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所