栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房

那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店のTOPページへ戻るお問い合わせ小冊子プレゼント 那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店の電話番号
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の トップページへ戻る
木の城工房マスコミ掲載

設立したばかりの木の城工房に、なぜか、ビジネスブログを見た各メディアの敏腕記者さんが取材に来てくれます。

記者さんたちに「なぜ、当社に取材を?」と聞くと・・・「木の城工房さんのビジネスブログには『木の家に関する情報量』が他社を圧倒しているので・・・」と言われ、うれしいです!!

しおや湧水の里ウォーク
しおや湧水の里ウォークHP
冬場に暖房をすると室内の湿度は屋外よりもかなり低くなってしまう。24時間暖房の我が事務所(朝8:00薄曇り)の室温19℃、湿度28%。屋外の気温2℃、湿度67%である。事務所には観葉植物などを多く置いているが湿度はかなり低い。
湿度が低いとお肌の乾燥やインフルエンザのウイルスの活動が活発になるなど人にとって不都合なことが多い。濡れタオルや洗濯物を室内に干す、お風呂の蓋を開けて置く、などで多少湿度を上げることが出来る。ただ、室温が低いと湿度が高くても実際に空気に含まれる水分量は少ない。室温20℃、湿度40%〜50%ぐらいにしたいところ。(窓の断熱性のが低いと結露が発生するので注意が必要)
新築した天然乾燥材で建てた我が家の湿度は、24時間暖房中だが1月は42%〜50%(室温18℃〜22℃)で推移していたが2月に入って37%と40%を下回るようになってきた。木材の乾燥が進み吐き出す水分が少なくなってきた証拠であろう。(濡れタオルや、風呂の蓋をあけるなどは実行している。)そろそろ加湿器が必要になってきたようだ。

湿度・温度管理をして快適な生活、調湿性の高い木の住まい・自然素材での住まい造りはこちらから


一覧ページへ戻る

小冊子プレゼント お問い合わせ
那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店 の 家づくりコラム
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の 北欧住宅視察記(世界の田舎暮らし)
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.1 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.2
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.3 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.4

木の城工房の施工エリア

宇都宮市

 足利市 栃木市 佐野市 鹿沼市 

日光市

 鬼怒川エリア 今市市 真岡市 大田原市 矢板市 

那須塩原市

 

さくら市

 河内郡 
上三川町 南河内町 上河内町 上都賀郡 西方町 芳賀郡 茂木町 市貝町 芳賀町 下都賀郡 壬生町 石橋町 岩舟町 都賀町 塩谷郡 
藤原町 塩谷町 高根沢町 那須郡 小川町 那須町 那珂川町 那須烏山市
提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所